守護神の存在

神々しい紫の君

私は様々な光の撮影をしていますが、声が聴こえたり、視えたりすることはないんですね。

ただ感覚的にはちょっと鋭かったり、敏感なところはあるかも知れません。

だから、自分を護ってくれている「守護神」の存在も、信じてはいたけれど

一度も見たことはありませんでした。

そんなある日、いつものように氏神様に撮影に行くと、参道脇に紫色の美しい光が…

その時は、あまりの眩しさに氣付かなかったのですが、後に現像してみると

紫色の光がまるで人間の立ち姿の様に見えたのです!

お声が聴けた訳でも何でもないけれど、「私を護って下さっている存在だな」と

ピン!ときました。

紫色の神々しいお姿で、首を少し傾けている優しさ漂う雰囲気。

思わず親しみを込めて「紫の君」と名付けてしまいました(笑)

友人からは「このお姿は女性でしょ~?」って言われましたが、どっちでもいい!(笑)

日々、私を護って下さる有り難くも美しい存在に、感謝なのです♡

関連記事

  1. 人生の不思議

  2. 虹龍の秘密

  3. 日々想うこと

  4. 見守る力

  5. 幸運連鎖

  6. 自宅の龍玉