虹龍の秘密

誰かの幸せを祈ること

「あなたが海外で個展をするなんて、恥をかくからやめなさい!」

何年か前に、こんなことを言われたことがあります。

面識のない方だったし、ビックリ!!

どうしてこの様なことを言われるのか?訳が解りませんでした。

少々、心にダメージは受けたものの、「私には可能性があるのかも!?」

そう思い直して、海外個展へのイメージを、より具体的にしていきました。

何故なら、人は、自分より優れていると感じたり、憧れはあるが届かない!

そう思う人に、妬みや嫉妬を覚えるもの。

逆手に取らせて頂けば、有り難いメッセージとも言えるのです。

私は一切のお返事はせず、その方のお幸せを心からお祈りさせて頂きました。

心が幸せであれば、他人の動向は気にならず、いつも笑顔でいられるからです。

翌日、いつものように氏神様に参拝させて頂くと、何と!!

目の前に美しい「虹龍」がっ!!

「よくやったね!」「それでいいんだよ!」神様からのメッセージを受け取った気がして

何だか嬉しくなりました。

生きていると、色々なことがあります。

決して良いことばかりではない…

自分が辛い時やピンチだと感じた時に、どんな行動をとるか?

「誰かの幸せ」をお祈り出来る心の余裕を、いつも持っていたいですね。

関連記事

  1. 人生の不思議

  2. お盆の思い出

  3. 日々想うこと

  4. 守護神の存在

  5. 見守る力

  6. オレンジオーブのメッセージ