光の七変化

神様はいつもすぐ傍に

私の氏神様、福井県越前市にある「大塩八幡宮」は、とっても「氣」の良いところ。

特に、手水舎周辺は清々しく、美しい光と出会える場所でもあります。

岩清水なので、「手水場」というのが、適当かも知れません。

もう随分、長い間参拝し、撮影し続けていますが、私の心の変化や精神的成長と共に、

撮れる光が変化していく様に思います。

例えば、冷静さを保つことが必要ですよ!と、メッセージが来ている時は青色オーブ。

全体的に、シャープなイメージの写真に。

心の安定や平和を意識して過ごすよう言われている時は、緑色のオーブ。

虹色も入り、どちらかというと、優しいイメージに。

極め付けは、私が声を失い一番辛かったと思われる時期、こちらは、ハッキリと

毎日の様に、「龍神様」がお出ましになりました。

「いつも傍にいるよ!」「明けない夜はないからね」

そんなメッセージを参拝時に、常々感じていました。

人は、辛く悲しい時、ついつい自分は独りで誰も信じられない…

そんな感情に、心を苛まれることがあります。

だけど、私が体験して思うのは、決して道は一つではなく、

自分の今見ている世界が全てではない…ということ。

そして、どんな時も決して独りではない…

神様は、ちゃんと見ておられます。

だから、「無い」ものより「有る」ものに目を向けて、感謝して毎日を生きる。

そこから生まれる、新しいアイデアや人との繋がりは、想像以上に素晴らしいものになります。

それはきっと、苦難を乗り越えたあなたへの、神様からの素晴らしいプレゼントだと思うのです。

私も、確かに声が出なくて、一時苦しい思いもしたけれど、

自分の心の変化と成長をつぶさに感じ、

神様の美しい光と出会えたことは、私の人生において、

かけがえのない宝物だと今は感謝しています。

これからも、皆様に美しい光の世界をお届けしたいと思います。

どうぞ、宜しくお願いしますね♡

関連記事

  1. 穏やかなひととき

  2. 雨の日の撮影

  3. 初めての体験

  4. 若返り撮影

  5. 輝く未来へ向かって

  6. ほのぼの撮影