ソウルメイト

不思議な出会い

「インスタのハッシュタグ、アート、どれだけの方が居るか知ってますか?」

私にパリ出展を勧めてくれた会社の方は、唐突に聞いた。

「知らないです…」と私(笑)

タグ付けは毎日しているものの、氣にしたことは全くなかった。

「9万件ありました!その中からあなたの作品を見つけた!

あなたの作品が光っていた!」

そう、電話口で熱く語る彼の言葉に戸惑いながらも、

何か運命的なものを感じていた。

初出展は海外で!夢はあったものの、実際にチャンスが目の前に来ると、

やっぱりドキドキする。そして、戸惑う。

だけどこれは、神様から頂いたチャンス!そう思い、出展を決意。

早速、作品選別が始まった。

通常の作家さんは、自分でサクサク決め、提出出来るのだろうが、

初出展の私は、色々と分からないことが沢山!!

選別もアドバイスを頂き、短い時間ではあったものの、色々な話をした。

そんな中で、私が連絡しないと!と思っていると、あちらからメールが来る。

私がお返事の電話待ちを、一日中していたことも察知。

極め付けは、「良い!」と思っている作品がお互い同じ。

本当にビックリしてしまった。

何より、私が作品を通して伝えたいことが即座に解り

納得出来る人は、そういない。

今まで、ソウルメイトの存在を氣にしたことはなかったけれど

彼は、その一人ではないか?と思う。

作品を納めたことで、お仕事は一区切りついたけれど、

私の人生を大きく変えてくれ、作品を沢山褒めてくれた彼のことは

一生忘れないと思う。

関連記事

  1. 自宅の龍玉

  2. 守護神の存在

  3. 見守る力

  4. 日々想うこと

  5. 初めての展示会

  6. 本当の卒業